当ブログは、ユーザー主導でエアソフトガン業界を発展させることを最終目標に掲げるウェブサイトです。

読者様へ情報提供を行うため、私が経験したことや設計した成果物は
可能な限りオープンソース、コピーレフトで公開いたします。積極的にご活用ください。

また、本ブログは色覚に制限がある読者様のために、
赤色と緑色の文字を意図的に避けて記述しています。読みづらいとは存じますが、どうかご理解ください。

  PDRもうすぐ? - 2012年08月11日

こんにちは。ネヴリンです。

PTSマグプルのPDR、もうすぐ発売だそうです。




ショットショーなどでの予告が正しければ、価格は300ドル前後になるそうです。

友人の分も含め、発売したら何本か仕入れます。









※2012/10/15追記


だいぶ前からPTSのfacebookに上がってましたが、PDRの発売延期についてのコメント。

PDR Announcement

 

We regret to announce that due to the internal adjustment for Personal Defense Rifle (PDR), the product launch of PDR will be postponed.

 

The Magpul PDR is a conceptual prototype consisting with a sophisticated mechanism that involves a unique and delicate dimension and own gear box design. In order to ensure the better performance for PDR, this requires a precise and intricate testing including design revision, engineering amendment as well as fine-tuning mechanism.

We would like to cautiously finalize all the matter for PDR before an official product launch. We greatly appreciate for your time and patience regarding to the matter of PDR. As a company that prides itself on loyal customer service, we offer sincere apologies and hope that this brief delay will provide the products with better quality.

 

We promise to keep you updated the status of PDR through the announcement on facebook.



(訳)

PDRについての告知

大変申し訳ありませんが、Personal Defense Rifle (PDR)の内部調整のため、PDRの発売延期を致します。

Magpul PDRは、ユニークで繊細な特質と独自設計のメカボックスを含む、高度なメカニズムで構成されたプロトタイプです。

PDRのより良いパフォーマンスを確保するためには、デザインやエンジニアリングの修正、メカニズムの微調整などの、精密で複雑なテストが必要です。

私たちはPDRの正式発売前にすべての問題点を解消したいと考えております。PDRの発売延期について寛大な気持ちでお付き合いいただいている皆様には大変感謝しております。誠実な顧客サービスを行うことを第一に思う企業として皆様に心からの感謝の意を述べ、この発売延期によってより良い製品を提供できると信じております。

今後も、私たちはPDRの開発状況をfacebookを通して皆様にお伝えいたします。





なお、この延期について、カスタマーから「プロジェクトの管理不手際があるのではないか」との旨の発言があったことに対してのPTSの見解ですが、


In 2008 Magpul US create a non function concept prototype PDR and show to public. Recently both of us decide to make it as Airsoft AEG then Magpul USA re-pick up this project again and start to revise the function and outlook design. Both of us are working closely until today and PTS going to release the most update version PDR. Our delay is not mis-management, it is because we have to make the product more perfect and release the latest version.



(訳)

マグプルUSAは、2008年にPDRの無可動プロトタイプを作り、一般公開しました。

最近になって、私たちPTSとマグプルUSAは電動ガンのPDRの製作を決定し、マグプルUSAはこのプロジェクトの再度ピックアップを行い、機能の付与と外観設計をスタートしました。

私たちPTSとマグプルUSAは現在連携して作業しており、私たちPTSは最新バージョンのPDRをリリースする予定です。

この発売延期は決して管理不手際などではなく、製品製造に万全を期し、そして最新版のPDRをリリースするためなのです。




どうやら、PDRは米マグプルとPTSの共同作業で出来ているようです。発売延期も、電動ガンバージョンの内部調整に加え、米マグプルの方で外観設計に若干の修正が加わったのかも知れませんね。





タグ :PDRMAGPUL PTS

同じカテゴリー(AEG (Assault rifle))の記事画像
S.L.A.S.H.システム商品化
MASADA SV(ストリームライン・バージョン)
M4アップデート
次世代M4修理
SR-16E3 VIS-1
MASADA ACR 調整05
同じカテゴリー(AEG (Assault rifle))の記事
 S.L.A.S.H.システム商品化 (2014-09-22 22:14)
 MASADA SV(ストリームライン・バージョン) (2013-01-07 02:24)
 M4アップデート (2012-12-10 20:25)
 次世代M4修理 (2012-10-27 05:21)
 SR-16E3 VIS-1 (2012-07-18 20:05)
 MASADA ACR 調整05 (2012-07-14 22:30)

Posted by ネヴリン  at 13:47 │Comments(2)AEG (Assault rifle)

この記事へのコメント
自分も楽しみにしています。
またお金が飛んでいく、、、、、
バッテリーはグリップ内??
専用なんでしょうかね?
それにしても早く欲しい!!
Posted by crybaby at 2012年08月22日 10:17
crybaby様

PTS製品は予告なくお店に並ぶのでハラハラしますね。
私も早く手に入れたいです。
あと、PDRのバッテリーはグリップ内みたいです。
(ここしか入れる場所がないと思います。)
ショットショーの動画によれば、推奨バッテリーは市販の7.4Vリポのようです。
スペース的にはミニバッテリー程度なら入る設計になってると思うんですが、その辺は不明です。
Posted by ネヴリンネヴリン at 2012年08月22日 12:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。